MESSAGE

多くの人に支えられて今がある。 幸せな時間は大好きな友人や仲間との時間。 何も言わなくても、ほっとするのは家族だから。 長い時間過ごしてきたかけがえのない時間は、大切な思い出。 出会いを大切にしながら、積み重ねる日々。 笑って、時には涙して、討論して、心を割って過ごせる幸せ。 関わり合いかたはさまざまでも、気持ちが繋がる。 歳を重ねてもすぐあの頃、あの日に戻れる。 好きな気持ちは変わらない。 また、逢いたくなる。 一緒に美味しい時間を過ごしたくなる。 ふ...

続きを読む

コロナの影響で、なかなかゆっくり外食をすることができない日が続いています。 外でごはんができないということは、大好きな友人にもなかなか会えないということ、これが何よりも寂しくて辛い私は、今回、大好きなレストランのシェフに無理やりお願いして、我が家でシェフズテーブルをしていただくことにしました。 家のキッチンを全てシェフにお貸しして、私たちは飲みたいものを用意したり、持ち寄りしたり、のんびり飲みながらダイニングで目の前に出てくるメニューを待つという何とも贅...

続きを読む

古巣のエストネーション六本木ヒルズ店で、日本初上陸のイタリアのラグジュアリーインテリアフレグランスのポップアップの開催準備に伺ってきました。 2000年にスタートしたエストネーション、今やその頃一緒に働いていた仲間は数こそ少なくなりましたが、それでもお店に行くと「みどりさーん」、と声をかけて寄ってきてくれる昔の仲間に会うことができて、本当に嬉しくて懐かしい気持ちになります。 みんなあの頃より立派になって大人になって活躍している姿に、私も勇気や元気をもらいな...

続きを読む

私の中で夏は太陽の陽ざしを浴びて過ごすのが一番のリラックス方法。早起きしてから海に行ったり、プールに行ったりしながら、少しずつ肌の色が変わっていくことを楽しむ時間が大好き。暑いねーとか、このままだと陽に焼けすぎるよね、もう真っ赤だよ、なんて言いながらも、あのジリジリする陽ざしを全身が感じると元気を取り戻せるような気がして嬉しくなります。 そして、少し陽ざしが弱くなってくる時間に、みんなとそろそろ上がろうかと、帰り準備をしながら夏の空気感を身体に感じる、あの...

続きを読む

この数年、皆さんもよくご存じのWAKOのお客様や店頭でお配りしている冊子の『チャイムGINZA』のスタイリングをお手伝いさせていただいています。 この『チャイムGINZA』という冊子は、WAKOを大好きなお客様に直接届くということもあり、いつも楽しみながらも品格、美しさ、インテリジェンス、心地よさ、幸せ感などをいかにそのスタイリングの中に感じていただくことができるか、そしてその時代のトレンド感や今の気分、ファッションの持つ楽しさを私なりのコーディネートとい...

続きを読む

ブランディングやPRでお手伝いしていますシャンパーニュのテタンジェ。そのプロモーションの一つで、誰にでも自分だけの大切な忘れられない日がある、、それを"自分記念日"として大切にお祝いするとともにその日に美味しいテタンジェで乾杯しようという素敵な提案をしています。 では、この"自分記念日"とはどんな日をいうのでしょうか。 私にとっては?、、、、そんな事を考えています。 この歳まで生きてくると(笑)なかなか1日だけに限定することは難しく、いくつか頭の中に浮か...

続きを読む

大人になると感情を表に出す事が減っていると感じることはありませんか。 歳を重ねれば、重ねるほど仕事の場でも、プラベートでも、大きく気持ちが揺れることはなかなかありません。 特に私のように他の会社の人と多く仕事をしている者にとっては冷静に周りの人を説得する、意見交換するということも大事だと思っていて、感情をあらわにしないように、自然とそうなってしまっているのかもしれません。 そんな私ですが、やはりオリンピックが始まり各国の選手の熱い戦いぶりや、その時々に彼...

続きを読む

最近、週末や連休時のマイブームは、ちびちびファスティング。自分なりに内臓を休ませるような工夫をしながら、のんびり楽しくトライしています。朝からお水や、お茶、野菜ジュースに酵素ドリンクなどを、数時間おきにゆっくり飲み、固形物を身体の中にいれない時間を24時間から48時間作ります。 そして、いつもならお休みの日には、ジムに行きトレーニングやランニングというハードな時間を作り自分を違った意味で追い込むのですが、それも小休止して、ゆっくり近所をウォーキングすると...

続きを読む

東京に生まれ、育った私にとって家族、親戚の居場所(集まるところ)が、母の実家のあった千駄ヶ谷二丁目。子供の頃から慣れ親しんだその場所には、祖父母、父母、母の兄弟と家族に加えて歳の近いいとこと過ごす楽しくて、昭和な思い出がたくさん詰まっていて、まさに夕陽が丘三丁目のような映像が頭に浮かびます。白金の官舎に住んでいた私は、優しくて、いつも可愛がってくれるおばちゃんが誰よりも大好きで、自分の家にいるよりこの千駄ヶ谷の祖父母のそばを離れたくない、そんな子ども時代で...

続きを読む

私の仕事人生で大好きな人。 お世話になった人。 育ててもらった人。 忘れられない人。 時々、そんな懐かしい顔を思い浮かべる時があります。 苦労した時、もがいた時、悩んだ時、やり遂げた時、仕事が終わりほっとした時、いろいろな場面で思い出す、あの日、あの顔。 あれから多くの時間が過ぎて、今はもちろん働く場所も会う機会も少なくなったけれど、誰からともなく誘う年に数回のランチ同窓会。 昔話にはじまり、近況報告や、家族や、政治の話など、人生の先輩に聞いて欲しい...

続きを読む

このページの上部へ

ARCHIVES